石田 ゆり子さんの『Lily –日々のカケラ–』読了。周囲に甘んじない生き方。

石田 ゆり子さんの『Lily –日々のカケラ–』を読みました。

『素敵な女性やわぁ~。目指せ石田ゆり子!』と親友Nちゃんと話した夜(詳しくはこちら)、2時間ほどで読みました。

石田ゆり子さんのプロフィール見て気づいたんやけど、同じ歳やん\(◎o◎)/!

同じ歳の人の(しかも独身)私生活がちょっと覗けて面白かった~(。◕ ∀ ◕。)

『同じ歳』ってことを踏まえて読むと、色々な気付きがありました。

普段よく思う『この歳でこんなんでええんやろか?』って疑問がこのエッセイを読んで『全然ええんや!』って思えました。

実はこの歳になっても・・・。

 

こんなものが好きで家に飾ったりしています(;´・ω・)

 

掃除機も17年ぐらい↑このヘンリー掃除機を使ってます。

アメリカ生まれの赤ちゃんの人形はリアル過ぎてみんな怖がります(;´・ω・)(私は『ばぶこ』と名付けてますが)


カエルに着させてるアロハは息子が1歳の時に着てたアロハです。

こういうしょうもないもんが好きでたまりません。

最近、この歳になってもこういうのが好きっておかしいんか(;´・ω・)と密かに悩んでました・・・。

みんな大人になるにつれて、好きなものが変わってきているような気がして。

でも、石田さんのコレクションを見て安心した!

大人でもこういうのが好きもでええんやって思えました。
(石田さんのコレクションは素敵で私のしょうもないモノとは比べ物になりませんが)

普段着ている服もここ4年ほど無難なもんや大人っぽいもんばっかりになってきたけど、また好きな服着よっかな。

周囲に甘んじない生き方。

あと、本の帯にもあるこの部分が『そうそう!!!!』ってめっちゃ共感した部分です。

『周囲に甘んじない生き方をしているから、美しいのだとわたしは思うのです。』

ほんまにそう思う!

周りに頼って生きてる人って、やっぱり魅力ある人少ないと思うし。

シングルマザーでも時々いるけど、いつまでも、誰かが助けてくれる、実家の両親や子供の父親が助けてくれるわって思って生きてる人ってやっぱり魅力ないんちゃうかな。

過去に仕事でトラブルがあったり、独りで子育てしててしんどかったりした時に、そういう周りに甘えて生きてるいける人を『うらやましい・・・』と腹黒く思ったこともあるけど(笑)

周りに頼ったり甘えたりして生きていくのは『楽』なんかもしれへんけど、『楽しく』はないんちゃうかな。

『楽で美しいものはないのだと思います。』

ほんまにそうやと思います。

そう言えば、友達のシングルマザー達は離婚後必死で生きてる人が多いなぁ。

仕事がどんなに嫌でも辞めることもできず、少しでもスキルアップできるように勉強したり、ちょっとでも自分と子供が幸せに生きていけるようにがんばってる人が多い。

シングルマザー同士で本音話をした時に『結婚してた時は楽やったのに・・・(´;ω;`)ウゥゥ』とか弱音を吐くこともあるけど、必死でがんばってる姿はやっぱり美しい。

で、やっぱりそういう人は魅力的やから、再婚して人生やり直してます。キラキラと楽しい時間を過ごしてます。

 

最近も仕事のトラブルがあってまたまた『誰か養ってくれへんかな~』とふと思ってしまったけど(笑)やっぱり周囲に甘んじることなく、凛としたかっこいい大人の女性になれるようがんばります!

『目指せ石田ゆり子!』(絶対無理やけど(*´・ω・)(・ω・`*)ネー)


Lily ――日々のカケラ――

 

 

↓ にほんブログ村・ランキングに参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村